海外でネットを使いたい

海外でネットを使いたい

海外でインターネットをするために

グローバルWi-Fiだとしても、中途解約する場合に、違約金を払わないといけないのか気がかりです。

 

これは、グローバルWi-Fi社との契約時点のプランによって変わるそうです。

 

契約内容により2年未満か3年未満の解約で9500円の解除料金がかかってきます。

 

契約する場合は、きちんと説明を聞いてにプランを選んだ方がよさそうです。

 

転居してきた時に、マンション自体に光回線が実装されていなかったため、申し込みののち工事をしなければなりませんでした。

 

工事の担当者は大変清潔感があり、説明も細に入っていて通信会社のイメージも上向きになりました。

 

wimaxの申し込みは、クーリングオフの対象外です。

 

なので、検討に検討を重ねた上で申し込みをしてください。

 

申し込んだ途端、すぐに解約をすると、解除料や違約金などと名のついた費用を徴収されます。

 

例えて言えば、携帯電話と同じようなシステムと言えるでしょう。

 

wimaxの申し込み時に気がかりに思ったのは、回線の速度のことでした。

 

無線である為、自分が住む状況にかなり影響されるのはないという思いがあったからです。

 

正式に契約する前に、試しに使ってみて実際の速度確認が可能でした。

 

納得できる早さだったので、早々に契約しました。

 

光回線を使っているのならIP電話を取り入れてみると安くつくし、便利です。

 

利用するのは光回線なので、一般の電話回線がするように音声データを何度も交換機から中継しなくてもよいのです。

 

それで、電話料金が安くなり、選んだプロバイダにもよりますが、月額の基本料金が電話回線よりも安くすむ場合が多くあります。

 

フレッツの速度が遅い原因を考察して、まず考え付くのは、一時的にネットワークが混雑していたり、つなぎたいサイトへのアクセスが集中しまくっていたりといったことでしょう。

 

そのために、ちょっとの間だけ遅いだけなら、しばらく間をあければ改善する場合もあります。

 

フレッツwi-fiが接続できない時には、一度全機器の電源をリセットしてはじめから接続し直してみるといいかもしれません。

 

それをしても接続できない時には設定をもういちど見直してみます。

 

カスタマーセンターに問い合わせすれば理解できるように教えてくれますが、あまり繋がらないのがネックです。

 

今日は多種多様なインターネット回線の企業が存在しますが、昔からある大手会社のNTTのフレッツは有名な会社と言えます。

 

インターネットのみではなく、お宅の電話や有料テレビ等、いくつものサービスの提供をしており、苦しい戦いをしていると言われながらも、あまたの加入者がいます。

 

お使いのノートPCやタブレットをインターネット環境に接続するためのWi-Fiルーターにスマートフォンを利用することをテザリングと称します。

 

ヤフーのモバイルであるグローバルWi-Fiでは、ソフトバンクと同様にオプションをただで使えるのです。

 

ただし、使用する時には毎月のデータ通信の契約量を超過しないように気をつけることを忘れないでください。

 

フレッツではクレームが多数送られており、そのうちの一つには加入後ひと月くらい過ぎた頃に、突然ネットに接続できなくなる件があります。

 

その事例の場合、間違いが初期設定にあることがわかって、無事使用できるようになったみたいですが、そんなクレームは毎日寄せられているようです。

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ